☎050-5269-7418

050-5269-7418

梅田で居酒屋なら北海道応援隊きたいち酒場梅田【公式】 > ブログ > 日本酒 > 【山口の誇る日本酒】別邸福の花浜松町が推す「雁木」(その四)

梅田の居酒屋 北海道応援隊きたいち酒場梅田のブログ

【山口の誇る日本酒】別邸福の花浜松町が推す「雁木」(その四)

2016.11.2
前回に引き続き、「雁木」の飲めるイベントを紹介したいと思います。
 
今回は「東日本」編。西日本編で紹介した、大規模なイベントではなく、東京の百貨店などでプロモーション販売をする八百新酒造(以下、八百新)の姿を追ってみましょう。
 
記録的な猛暑日が続いた今年の8月、24日~30日は西武池袋本店にて開催。
 
池袋駅直結の西武百貨店、食品館の地下1階では、「今週の酒と肴」と銘打って、週替わりで全国各地の日本酒を試飲販売しています。
 
日本橋三越本店、伊勢丹新宿店、ところ変わって神奈川では夏の定番、「純米スパークリング」を携え、京急百貨店の上大岡店へ。
 
6月には、「雁木大吟醸 感謝 手ぬぐい包み」を携え、ラゾーナ川崎プラザ。東武百貨店池袋店でも試飲販売を開催しています。
 
nihonshu_kikizake
(写真はイメージです)
 
そして最後に、本州を越えて北海道まで、雁木を普及させる旅は続きます。
 
札幌で7月に開催されたイベントの名は「えりも祭りDeお燗杯~浜の豪快料理と雁木のマリアージュ~」。
 
浜の豪快料理と雁木のコラボレーションが実現しました。
 
「おいしさを分かってもらえる人だけに飲んでもらおう、扱ってもらおう」、というのが雁木、そして八百新の姿勢です。
 
北は北海道、南は沖縄まで、イベント出店や試飲会などを通して、酒屋や飲食店に販路を広げてきました。
 
その一面だけの紹介ですが、八百新の雁木を広めるための「情熱」を感じられたなと思います。
 
幸い、「別邸 福の花」は単発のイベントや試飲会とは違って、定番メニューとして雁木を揃えて、お客様をお待ちしています。
 
雁木を口にする機会は各地にありますが、いつでも「飲みたい」と思った時、浜松町まで「雁木」を楽しみにいらしてください。

お知らせ

アクセス

‐住所‐
〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1-5-18 零北新地6F
‐交通手段‐
JR東西線 北新地駅 徒歩3分
地下鉄四つ橋線 西梅田駅 徒歩5分
地下鉄谷町線 東梅田駅 徒歩8分
‐営業時間‐
月~日
16:00~24:00
‐電話番号‐
050-5269-7418
ご予約 クーポン