☎050-7300-4904

050-7300-4904

WEB予約

梅田で居酒屋なら北海道応援隊きたいち酒場梅田

> ブログ > 山口の魅力 > 【山口の魅力】宇部の「工芸品」の魅力

梅田の居酒屋 北海道応援隊きたいち酒場梅田のブログ

【山口の魅力】宇部の「工芸品」の魅力

2016.10.6
古くからの歴史を有する山口県宇部市には、みやげ品や贈答品としても適した工芸品がいくつかみられます。
 
たとえば、宇部市の「太古窯」は、地主が古代の土器や祭器の破片を発掘したことをきっかけとして、現代に窯をよみがえらせたものです。
 
宇部市やその周辺には、古代には官道である山陽道が通っており、有名なところでは、須恵器づくりなどに用いたとみられる花が池窯跡などの窯の痕跡がみつかっています。
 
太古窯でつくられる焼き物は、かつての伝統だけにこだわらず、現代にふさわしい新しい息吹を吹き込むことに心がけているのが特徴です。
 
壺や花器、食器から、ユーモラスな姿をした陶人形まで、さまざまな種類のものがみられます。
 
8bcd43eb9a57456bed48b4d1fa688525_s
(写真はイメージです)
 
また、中世からの歴史をもつ赤間硯は、日本の硯としては最高級のランクに属する逸品であり、経済産業省から伝統的工芸品としての称号を認められた、たしかな品質と伝統の技術をもつものです。
 
赤間というのは現在の山口県下関市の古い呼び名であり、もとは下関でつくられていたことが由来となっています。
 
この赤間硯の原料となる赤間石は、実は宇部市や山陽小野田市といった場所から採石されるもので、かつては藩主が独占していたため、もっぱら大名クラスの贈答品などとして使われていました。
 
現在でも宇部市などで職人の手によりこの硯が生産されており、赤間石の原産地には赤間硯の里が開設されています。
 
別邸福の花浜松町では「宇部」の名物「板わさ」をお召し上がりいただけます。
 
宇部を知るきっかけとして、その味をまずは浜松町でお試しください。

お知らせ

アクセス

‐住所‐
〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1-5-18 零北新地6F
‐交通手段‐
JR東西線 北新地駅 徒歩3分
地下鉄四つ橋線 西梅田駅 徒歩5分
地下鉄谷町線 東梅田駅 徒歩8分
‐営業時間‐
月~日
16:00~翌1:00
‐電話番号‐
050-7300-4904
ご予約 クーポン