アーカイブ

「山口地酒の会」特集③〜別邸福の花浜松町〜

こんにちは、別邸福の花浜松町です。 旅行のパンフレットやガイドブックを開く時、真っ先に見るページってなんでしょう。私の場合、食い意地がはってしまってか、どうしても「食べ物」のページから見てしまいます。そこから、見知らぬ土地で初めて食べるアレコレを想像しするのが、旅立つ前のささやかな楽しみです。 今回のイベントで扱う山口県萩市にも、美味しい食べ物がたくさん。 日本海に面している地形なので、年間250種類の魚が穫れるそうです。 複雑に入り組んだ日本海の地形が豊富なプランクトンを生み、豊かな漁場を形成しています。 (指月城址) その1つが「瀬付き鯵」。瀬にいついてエサをたっぷり食べて育った鯵は、脂がのってふっくら肉厚。山口県を代表する「真ふく」は、萩市が県で水揚げされる大半を締めています。他にも、うにやヒメジ、ふぐと同じく県で水揚げのほとんどを占めるあまだいなど様々な種類が名産として知られています。 豊かな海の幸は、それらを使った加工品も誕生させました。 その代表格が、かまぼこ。萩市では「焼き抜き」という製法で作ります。蒸す工程に加えて、遠火でじっくりと焼き上げる製法が独特の弾力を生み出すそう。 最後に甘味を。士族の救済目的に始まったという「夏みかん」は、5月上旬に収穫が行われる風物詩です。今回登場する日本酒「長門峡」を醸造する酒蔵、「岡崎酒造場」でも夏みかんの果実酒を販売しています。 海だけでもたくさんの「美味しさ」がある萩市。街全体だとどれくらいあるのでしょうか。文化と味が両立する街、萩を今回のイベントで存分に楽しんでくださいね。

「山口地酒の会」特集②〜別邸福の花浜松町〜

こんにちは、別邸福の花でございます。 今回の記事では、イベントのテーマである「山口県萩市」をテーマにしたいと思います。 少し話は変わりますが、今住んでいる街、生まれ育った街、人生のどこかで住んだ街。どんな人にも、それぞれに好きな街があると思います。私も、今住んでいる街は5都市目。その街に生きる人たちと関わってきて、どんな街にも、その街が好きな人がたくさんいると感じました。 山口県萩市。県の日本海側に位置して、島根県との県境にもあるこの街へ行くと、町並みから始まる「歴史」を知ることができます。全国8県11市にまたがる「明治日本の産業革命遺産」は、5カ所が萩市にあります。吉田松陰の意思を継ぐ「松下村塾」があります。 市内に点在する、様々な名所たち。歴史や関わる人に環境は違えども、この「萩」という地域が好きな人がいたから、こうして今にも残る街ができたのかもしれません。それはきっと、今も変わらないことだと思います。 今回のイベントで皆様に楽しんでいただく銘柄は、全てが萩市にある醸造元から。時代の波に揉まれながらも、懸命に酒作りをしてきた蔵たちです。 イベントを通して、萩市を少しでも知るきっかけになれたら嬉しいです。私もこのブログ執筆を通して、私たちが普段扱っている山口県に詳しくなっていきたいと思います。

「山口地酒の会」特集①〜別邸福の花浜松町〜

「別邸 福の花 浜松町」にようこそ。 山口県山海の幸を取り揃え、山口の「旨い」を取り揃えた当店では、定期的にイベントを開催して、お客様により深い体験をしていただいています。 今回の催し物は、「第三回福の花山口地酒の会」。開催日は6月10日の土曜日。 時間は、19時から22時までたっぷりと。 お客様に体験していただきたいのは、「山口食材と地酒の『マリアージュ』」です。 結婚や婚礼を意味するこの言葉は、「2つの組み合わせの良さ」から派生して、料理と飲み物の組み合わせが良いことを意味します。 当店では約1年ぶりの開催となるこのイベント。 そのテーマとして用意したのは「萩の陣」。山口県内で島根県との県境にあるこの街は、日本海と山々に囲まれた環境で様々な名産品を誇ります。 (松下村塾) そんな萩市が誇る日本酒醸造蔵3蔵の銘柄が、この催しのため当店に集結します。 「東洋美人」「八千代」「長門峡」、日本酒ファンのみならず多くの人たちから支持を得る有名銘柄。 そして、今回のブログテーマはこの3銘柄について、あれこれ調べてみたいと思います。 お酒に関わること、その周囲にあること、ちょっと一歩飛び出したこと。 当日、参加をした時少し会話の話題を手助けできる記事を目指していこうと思います。 簡単ではありますが、始まりの挨拶とさせていただきます。 これからしばらくの間、よろしくお願いします。

歓迎会での《獺祭》実飲体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「歓迎会での《獺祭》」です。 ・・・・・ 会社の先輩が歓迎会をしてくださいました。 「これは、なかなか飲めない貴重なお酒だぞ。」て獺祭を頼んでくださいました。 「何で貴重なんですか?」って尋ねたのが間違いでした。永遠30分の力説が始まり、なかなか飲ませてくれませんでした。 なんでも、山口県の酒蔵、旭酒造㈱が作っている日本酒で、カンブリア宮殿で紹介されてから凄い売れ行きで、なかなか手に入らないということでした。 長い解説を聞いてやっと飲めることになりました。 ドキドキしながらまずは香りから試しました。お酒臭いというよりとってもフルーティーな香りが漂ってきました。 飲んでみると、メロンのようなほんのり甘い優しい味が舌の上でして、喉ごしは、水あめのような甘みが滑らかに通っていきました。 ほのかな甘みと滑らかな喉ごしにすっかりとりこになってしまい、何度もお替りをしました。 今度飲む時は、ワイングラス片手に獺祭の純米大吟醸酒のフルーティーさを損なわないように、あっさりとした豆腐をおつまみに頂きたいお酒でした。 帰って来て調べてみたら、本当になかなか手に入らなかったり、高価だったりしてびっくりしました。 そんなお酒を紹介してくださった先輩ありがとうございました。 今回飲ませて頂いたものは、獺祭、純米大吟醸の磨き2割3分というものでしたが、他にもスパークリングや純米大吟醸、50というものなど種類がたくさんありました。

送別会での《獺祭》実飲体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「送別会での《獺祭》」です。 ・・・・・ 山口県で数年働いていたのですが、別の県に転勤が決まり送別会を開催してもらうことになりました。 そのときに、獺祭を飲みました。 山口県で造られているお酒なのに、私は今まで飲んだことがありませんでした。 お酒があまり得意ではなかったからです。 また日本酒独特の、あのつんとした感じが苦手でした。 そのため、今まで飲まなかったのですが、送別会ですし一度飲んでみろ、と周りにいわれました。 そして飲んだのですが、正直驚きました。飲んだときの一番最初の印象は、甘い、でした。 想像以上に甘かったのでこんなに甘いお酒があるんだ、とびっくりしました。 日本酒はかなり苦手でしたが、このお酒はフルーティーで甘くてこんなことならもっと早くから飲んでおいたらよかったと後悔したくらいです。 人気の高い理由がよくわかりました。 女性にも人気があると以前から聞いていたのですが、その理由がよくわかりました。 これは日本酒という感じがあまりしないので、日本酒が苦手な人にもおすすめだと思います。 私は白ワインが好きなのですが、これは白ワイン感覚で飲むことができるな、と感じました。 今度お世話になっている人にも送りたいと思っています。かなりおいしかったです。

友人との食事での《獺祭》実飲体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「友人との食事での《獺祭》」です。 ・・・・・ 先日、地元でも日本酒の銘柄が多くて有名な店に友人との食事で訪れました。 店内は休前日もあったせいか、店内は大混雑。残り数席しかなく、ギリギリ待たずに入ることが出来ました。 ここのお店は普段から日本酒の銘柄を多く揃えており、日本酒好きが集う店でもあります。 そんな私も日本酒が大好きで、毎回来るのを楽しみにしています。 たまたまその日は期間限定の日本酒がいくつかあり、その中で普段なかなかお目にかかれない、山口県の地酒である獺祭がありました。 名前は聞いたことがありましたが、なかなか常においているお店は近辺になく、飲んだことはありませんでした。 せっかくに機会なので、友人と真っ先に獺祭を頼みました。まずは一口。第一印象はとてもすっきりした味わい。 辛口が苦手な私には、ちょうど良い辛さです。少しフルーティな香りもします。 飲みやすいので、気づいたら友人と普段以上に飲みすぎていました。 友人との食事でここまで飲むことはなかったので、獺祭の飲みやすさはおそるべしです。世間で人気なだけあるお味です。 熱燗でも飲んでみましたが、フルーティな香りが少しなくなってしまう気がしたので、そのまま飲むのが一番美味しかったです。 ただ本当にこのお酒は飲みやすいので、飲みすぎにだけは今後気をつけたいです。案の定、次の日は二日酔いでした。

会社の飲み会での《獺祭》実飲体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「会社の飲み会での《獺祭》」です。 ・・・・・ 山口県の会社の飲み会で、人生で初めて獺祭を飲みました。 山口県で造られているお酒をいうこともあり、本当に飲むのが楽しみでした。山口県に転勤をしてきて初めて飲むお酒でした。 私は、小ぶりなワイングラスで飲ませてもらいました。これで飲むのがおすすめと言われたからです。 薄目のグラスで飲むことで、すごく口当たりがいいとのことでした。飲んでみると本当に口当たりがよく飲みやすかったです。 とにかくおいしくて、最初は想像以上のおいしさに本当に驚いてしまいました。私が想像していたよりもかなり甘かったです。 なんとなく、フルーティーな感じだったので、女性にも人気が普通にありそうだと感じました。 日本酒っぽくなかったので、日本酒が苦手な人でも飲めると感じました。日本酒独特の、鼻につんとくる感じもありません。 白ワインの感覚で飲めると私は思いました。会社の人にすすめられて飲んだのですが、おいしかったので飲んでよかったと思っています。 会社の飲み会では、私以外の人も多く飲んでおられました。 とにかく飲みやすくておいしいお酒なので、お酒があまり得意でない人にとってもいいと思いました。 お世話になった人にも贈り物にしたいと考えています。

居酒屋での《獺祭》実飲体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「居酒屋での《獺祭》」です。 ・・・・・ 山口県の居酒屋で獺祭を飲んだのですが、実に味わい深くて美味しいお酒でした。 癖がなく飲みやすくで誰が飲んでも、美味しく飲むことができるお酒なのではないかなと感じました。 主張をしてくるというお酒ではないので、何と合わせて飲んでも美味しくお酒を楽しむというよりは食事を楽しませてくれるお酒という印象を受けました。 もちろん、そのまま飲んでも美味しくいただくことができますから、単体で飲んでも十分だとは思うのですが個人的には料理と一緒に飲んでこそ生きるお酒ではないかなと思ったのです。 その時は肉料理や海鮮料理と合わせて飲んでいたのですが、そのどちらにもあって海のものにも山のものにも合うお酒だと感じたのです。 自分はどちらかと言うとお酒はお酒で楽しみたい方なので、飲むことができればそれでいいと思っていたりするのですが、獺祭に関しては食事が進むので食事も飲むのも楽しむことができるため、良いお酒だなと印象を受けました。 中々このような飲んでよし食べてよしというお酒と巡り合うことができないものですから、良いお酒と出会うことができると嬉しいです。 久しぶりにはまってしまいそうなお酒と出会うことができたので、ついていました。