アーカイブ

新年会での《ふぐ》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「新年会での《ふぐ》」です。 ・・・・・ 2017年の新年会は、山口県下関市の下関春帆楼本店で豪華にふぐ料理で行いました。 なんでも昭和天皇が宿泊された由緒正しい旅館です。 以前地元出身のロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが紹介されていたのをテレビで拝見して、私もいつか泊まってふぐ料理を食べたいと思っていました。 そこで主人が幹事となる今回の組合の新年会で、私がお願いして春帆楼で開催してもらったのです。 出発当日神戸からバスを貸し切り、総勢20名ほどで下関を目指します。 ちなみに春帆楼で宿泊できる部屋は7部屋しかなく、幸運にも予約が取れました。 料金は部屋により異なり、一番高い部屋は、二人で10万円ほどで奮発して私達が泊まりました。 バスが春帆楼に到着して、まずは建物の壮大さにびっくりです。 部屋からは関門海峡が一望でき、絶景です。肝心のふぐ料理は(こちらではふくと呼びます)、まさにふくのフルコースです。 薄造りからから揚げ、ふくちり、ふく味噌椀、雑炊まで、ため息しか出ないほどの美味しさです。 皆さんTwitterやインスタグラムにアップするために、一品一品写真を撮っていました。 新年早々豪勢なふぐ料理で新年会を開催できて、今年は福にありつけそうな予感がします。

新年会での《瓦そば》実食体験談〜その五〜

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「新年会での《瓦そば》」です。 ・・・・・ 職場の新年会で、初めて山口県発祥の瓦そばを食べました。 テレビでは見たことがありましたが、山口県に引越しをしてきたばかりだったので実際に見たのは初めてでした。 瓦が熱く食べる時は気を付けながらでしたが、そばという感じではなくお肉も乗っているのでとても満腹感がありました。 食べ方も初めはわかりませんでしたが、隣の同僚のを見ながら食べました。 麺が茶そばで、しっかりとした味なので最高に美味しかったです。 見た目でもインパクトがあり、瓦そばをまた食べてみたいと思いました。熱い瓦で、カリカリした麺のおこげも癖になるくらいの美味しさでした。 友人との食事にも家族を連れての食事にも良いなと思いました。 山口県内のスーパーでも普通にセットを見かけたことがあるので、とても愛されている瓦そばなんだと感じました。 そばの食感と薬味のハーモニーが最高でこれが瓦そばの魅力なんだと感じました。 温かいつゆに浸して食べるので、新年会の帰りには身体がポカポカしています。 お店によって少しづつ違ったりするのも楽しめそうだと思いました。山口県に昔から住んでいる職場の人達は、普通に食べていたのでそれにも驚きました。 とてもポピュラーな食べ物なんだなと知りました。

新年会での《瓦そば》実食体験談〜その四〜

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「新年会での《瓦そば》」です。 ・・・・・ 私は大阪で暮し、大阪の会社に勤めています。全国に支社が散らばっていって、出張で全国を飛び回ることも珍しくありません。 とても忙しいですが全国の支社に親しい友人もでき、出張もなんだか楽しいものになっていました。 先日山口県への出張が決まりました。年が明けて初めての出張で、心新たに頑張ろうと出張に出かけました。 出張先の山口県では、打ち合わせや会議が長引き、終わったのは夜7時ごろでした。 夕食をとってホテルに戻ろうと思っていたのですが、山口県の支社の友人が、これから歓迎会と新年会を合わせた飲み会を行うから、一緒に参加しようと誘ってくれたのです。 会社の歓迎会や新年会といっても数人で行われ、場所も居酒屋だったので気楽に参加することができました。 友人は、大阪から来た私のために、山口県のB級グルメである瓦そばを注文してくれました。 私は瓦そばという食べ物は見たことも聞いたこともありませんでした。 山口県では結構有名な食べ物らしく、自宅で食べる人もいるということを聞き楽しみになりました。 私の前に置かれたのは瓦にのせられたそばでした。 びっくりしましたがそばの上には肉や野菜などの具材もたくさんのせられ、つゆにつけてたべると、パリパリになったそばと具材の相性が良く、非常においしいものでした。 全国にはまだ知らない食べ物があるのだなと、これからの出張もまた違った楽しみが増えました。

新年会での《瓦そば》実食体験談〜その三〜

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「新年会での《瓦そば》」です。 ・・・・・ 私は就職してからずっと東京の本社に勤めていましたが、このたび転勤で山口県の支社に移ることになりました。生まれてからずっと東京で生活していたため東京以外の場所で暮らすのは初めてで、ましてや東京からかなり遠い山口県での暮らしは少し心配もありましたが、何とか頑張っていました。 4月から山口県の支社で働きはじめていましたが、こちらの支社では1年に何度か、歓迎会や忘年会などを口実に会社の飲み会が頻繁に行われていました。私も都合がつけば何度か参加していました。そして1月におこなわれた新年会にも参加しました。 そこで私は初めて瓦そばというものに出会いました。急に自分のテーブルに瓦の上に盛られたそばのようなものが出てきたのです。 私はびっくりしましたが、周りの人は特に驚いた様子はありません。 隣の同僚に聞いてみると、これは山口県のB級グルメだということでした。具材がたくさん上に盛られていて非常においしそうなそばでした。 食べ方がわからなかったので周りを見ていると、そばと具材をとってつゆにつけて食べています。 私も真似をして食べてみました。上には甘辛く味付けされた牛肉がのっていて、そばはパリパリになっています。 つゆも甘い味付けで、そばと肉との相性が非常に良くとてもおいしかったです。 上にはレモンともみじおろしものっていて、良いアクセントとなっていました。

新年会での《瓦そば》実食体験談〜その二〜

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「新年会での《瓦そば》」です。 ・・・・・ 新年会を山口県の居酒屋で行ったのですが、瓦そばがメニューにあったので食べてみることにしました。 話は聞いたことがあったので、一度食べてみたいと思っていたのですがおいてある場所がなかったので、わざわざ探してまで食べることもないかなと結局食べずじまいだったためいい機会だと考えたのです。 注文をして出てきたものを見てみると、なんとなくお好み焼き的な雰囲気のある感じの見た目で変わっているなと感じました。 瓦そばというだけあって、温かい瓦の上に乗っかっていて温かい麺つゆをつけてたべるのが斬新でした。 見た目の斬新さと裏腹に食べた感じとしてはしっかりとそばらしさが生きているという感じがあって、酒のツマミとして食べるには悪くないという感じでした。 ただ、味付け自体は普通のそばとは異なるものでしたから、そばを期待していると違和感を覚えてしまいそうな感じがありました。 ですから、悪いものではないのですが想像と少し違う味付けになっているということを知らないと、がっかりしてしまうような気もします。 逆にその点を理解した上で注文をして食べるのであれば、普段とは違った味わいを楽しむことができるので魅力的なメニューだと感じました。

新年会での《瓦そば》実食体験談〜その一〜

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「新年会での《瓦そば》」です。 ・・・・・ 山口県下関市豊浦町にある川棚温泉で新年会が開かれ瓦そばを皆でいただきました。瓦そばを食べるのが今回初めてだったのですが、とても美味しかったです。 味もそうなのですが、瓦の上に盛り付けられて出て来た事に驚きました。 麺は茶そばが使われていてパリパリの食感になるようにしっかりと焼き目がつけられていて香ばしく、牛肉、のり、錦糸卵、ねぎなどのトッピングも絶妙のハーモニーでした。 食べ方としては甘辛の温かいめんつゆが別の器に入れられているので、それにつけて食べるつけ麺のような感じです。 瓦そばが考えられたルーツとしては、昔薩摩軍の兵士が野戦の間にその場にある瓦を使って肉などを焼いて食べていたというのを参考にして川棚温泉の旅館を営む方が宿泊者のために作られたようです。 私は初めて食べたのですが、新年会メンバーの中にはこちらが地元の方もいて、どうやら下関ではかなり有名な名物料理だそうです。 今までに食べた事ないパリパリのそばの食感と甘辛いめんつゆの味にすっかり虜になってしまいました。 またプライベートで家族や友人と食べに来るつもりです。皆さんも下関に行った際には是非この川棚温泉の名物料理瓦そばを食べてみてください。

新年会での《長州どり》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「新年会での《長州どり》」です。 ・・・・・ 会社の新年会で長州どりを食べました。 同僚から「新年会は山口県の長州どりらしいよ」と聞いていたのですが、あまり地鶏には詳しくなかったので、その時は「そうなんだ」という程度で美味しい地鶏なんだろうなとしか思っていませんでした。 鍋で長州どりを食べたのですが、口に運んだ瞬間に思わず「美味しい!」と目をむいたほどです。 おそらく他のブランド鶏の中でもかなり上位ランクではないかと思ったほどです。 もちもちしていて、噛むとジューシーなのでおそらく子供にも好かれる味だと思いました。 あまり味付けをしなくても鶏肉そのものに旨味があるので、薄味でも美味しく食べることができました。 鍋で食べるのはもちろんですが、塩コショウだけでソテーやステーキにしても良さそうだし、お肉が柔らかいのでから揚げにしても美味しいだろうなと思いました。 新年会に参加した職場のみんなも「美味しい!美味しい!」といって食べていたので、あっという間になくなりましたが、その後の雑炊がまた絶品でした。 お米にしっかりと長州どりの旨味が染み込んでいますし、スープも最高です。 今まで地鶏に疎かった私ですが、山口県の長州どりを食べて以来、地鶏ってこんなにおいしかったんだと気付かされました。