アーカイブ

歓迎会での《ふぐ》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「歓迎会での《ふぐ》」です。 ・・・・・ 私は鹿児島県の高校を卒業し、大学に進むことなくそのまま就職をしました。 なかなか就職が決まらなく焦っていたのですが、三月にならないとどこの支社に配属になるかわからないけれども、 それでも良ければ採用するといっていただきました。 なかなか決まらず焦っていた私はすぐにその会社に就職することを決めました。 そして三月になり私が勤めることになった支社は山口県にある支社でした。 四月から山口県の支社で働きはじめました。周りの人たちは皆いい人で、まだ10代の私の仕事をサポートしてくれました。 (写真はイメージです) そして仕事に少し慣れた四月の下旬に、その会社で私の歓迎会を開いてくれたのです。 私が個人ではいくことのないような高級な料亭に連れて行ってもらいました。 おいしそうな懐石料理が次々と並び、なんとふぐ料理まで出てきました。 恥ずかしながら私は生れて一度もふぐを食べたことはありませんでした。 そのことを伝えると周りの皆さんは、たくさん食べてとすすめてくれました。 ふぐの刺し身は絶品で、こんなにおいしいものがこの世にあるのかとびっくりしました。 そのほかにもふぐの唐揚げや鉄板で軽くあぶり特製のタレをつけて食べる鉄やきなども食べることができ、 これからこの会社でしっかりと頑張っていこうと思いました。

歓迎会での《長州どり》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「歓迎会での《長州どり》」です。 ・・・・・ 私は派遣社員として全国各地で働いてきました。 大体、1つの勤務地では2年から3年働いた後、次の派遣先へ移動します。 これまで派遣された会社は、自動車メーカーや食品メーカーなどで、工場で働くことが多くありました。 今まで派遣された数は30数社を超えます。 就職氷河期で、新卒としての就職ができなかった私は、生活のために、パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用で働くことを余儀なくされました。 元々は地元で働くことを希望していましたが、不況による求人数の減少から、比較的求人が多く見込める全国の大都市を転々としながら働くことにしました。 (写真はイメージです) これまで私は、全国各地で派遣社員として働いてきて、多くの歓迎会や送別会を経験してきました。 最近も、山口県で働くことになった私は、歓迎会に参加してきました。歓迎会は山口県の居酒屋で開かれました。 総勢30名、大変にぎやかな歓迎会でした。料理も大変美味しく、「長州どり」がとても印象に残っています。 長州どりの溶岩焼きで、皮がパリっと香ばしく、お肉がとてもジューシーで味わいがありました。 あまりに美味しかったので、私は長州どりの溶岩焼きを5本食べてしまいました。 山口県にお越しになる方には、ぜひ長州どりを食べていただきたいと思います。

送別会での《瓦そば》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「送別会での《瓦そば》」です。 ・・・・・ 瓦そばを送別会でいただきました。 なんでも山口県ではごく一般的に食べられる食べ物のようですが、関東出身の自分にとっては初めて出会う食べ物でした。 瓦そばという名のように、熱した瓦を使って食べるそばでした。 熱した瓦の上に茶そばをのせて熱してから、温かいめんつゆにつけて食べるという方法でした。 (写真はイメージです) そばというと8割そばというイメージでしたので、茶そば自体が珍しかったですし、それを瓦で熱してから食べるという方法が面白かったです。 肝心の味ですが、まずそばの方はちょっとこんがりとしていて新食感でしたし、めんつゆはだしが効いていておいしくいただけました。 今回は送別会でいただきましたが、なんでも山口県では一般家庭用の瓦そばがスーパーなどで販売されており、 ホットプレートやフライパンなどで茶そばを焼いてから食べる方法で一般的に食されていると聞きました。 そばを焼いてからめんつゆにつけて食べるという方法は、はじめは邪道と思っていましたが、実際に食べてみるとこんがりとおいしく、 また食べてみたいなと思うようになりました。送別会なのでもうじき山口から離れますが、まだ1週間ほど時間があるので、 その間にもう一度瓦そばを食べてみようと思っています。

送別会での《ふぐ》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「送別会での《ふぐ》」です。 ・・・・・ 送別会と歓迎会を兼ねた会の実施にあたり、山口県内のふぐ専門店を利用いたしました。 参加者の平均年齢がやや高めということもあり、コース料理を選択しましたので御座敷で、終始和やかな雰囲気で開催されました。 コース内容は、ふぐの刺身をはじめ、から揚げ、鍋、白子、創作料理と定番ではありますが、旬のふぐを幅広い内容の料理でおいしく頂くことができました。 刺身はお皿の絵柄が透けるほど薄く切られていますが、店主のアイディアなのか、その身の濃淡を活かして美しい白鶴が模られていました。 (写真はイメージです) この他にも盛り付けには細心の注意が払われているようで、食べるのがもったいないような気持にさえなってしまいました。 また、ひれ酒は地酒の力強さに負けない香ばしさに溢れており、ついつい進んでしまう絶品でありました。 それぞれの料理に大変なこだわりと丁寧さが伝わってくる内容でしたので、歓送迎会にはぴったりであったと思いました。 料理を支える器や添え物の選択のセンスにも脱帽です。 山口県在住で、ふぐを食べなれた方もいらっしゃいましたが、最旬のふぐにご満足いただけたようでなによりでした。 食べても見ても楽しめるコース料理で、大変に満足の送別会となりました。

送別会での《長州どり》実飲体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「送別会での《長州どり》」です。 ・・・・・ 山口県の居酒屋で送別会を行っていたときのことだったのですが、長州どりが有名だということで皆で食べてみることにしたのですが、 食べてみると売りにしているだけあって確かに美味しいものでした。 色々と長州どりのことに関して説明が書いてあって、ハーブや何やらで育てたとか自然に恵まれた環境で育っただとか よくありがちなことを書いてあったのですが、それだけ手が込んでいるということを感じさせる味わい深さがありました。 普通の鶏肉と違って、肉自体にしっかりと味がついているという感じで味付けをしたわけではなく、濃厚な味わいという感じの鳥だったのです。 牛肉でしたらランクが上がるに連れて味もそれだけのものになるというのは経験がありますが、 鶏肉の場合には安くても高くてもそれなりの味と思っていただけにこれは驚きでした。 一度、長州どりを食べてしまうとそれ以外の鶏肉とはあきらかに頭一つ分違うかなという印象を持たせるものとなっていただけに、 とてもいい経験をすることができました。 このようなものは一度食べても他のものと大差を感じられなくて、次は積極的に食べることはないかなということが多かったりするのですが、 長州どりはまた食べたいと思わせるものだったのです。

友人との食事での《ふぐ》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「友人との食事での《ふぐ》」です。 ・・・・・ 友人と山口県に旅行に行くことになり、地元の名物を楽しみにしていました。 到着したその日の夜に、早速大人気のふぐ料理を食べに向かいました。 まずは定番のふぐ刺しを注文してみたところ、あまりの薄さと歯ごたえの良さにびっくりしました。 箸で3枚ほどすくって一気に食べてみると、とても贅沢な気分に浸ることができて非常に満足しています。 (写真はイメージです) 友人との食事ではさらにふぐの天ぷらと和物をいただいたのですが、どれもふわふわな柔らかさで幸せな気持ちになりました。 天ぷらを塩につけてシンプルに食べると、素材本来の甘みが感じられてより一層風味を満喫できるとそのときに気付いたのです。 さらに、初めて食べたふぐ鍋の美味しさにも驚きました。 コリコリとした食感と舌触りの良さが魅力的で念願が叶って本当に嬉しかったことを覚えています。 これまで漠然と抱いていたふぐの味よりも想像以上に美味しくて、ハマってしまいそうだと実食してみて感じました。 自分のお好みでわさびや七味などのスパイスを加えて食べることもできますので、 最後まで飽きることなくふぐのコース料理を堪能することができて大満足しています。 これからも、年に数回は食べに行きたいと考えています。

友人との食事での《長州どり》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「友人との食事での《長州どり》」です。 ・・・・・ 山口県の海と山に囲まれた豊かな自然の中でのびのびと育てられた長州どりをインターネットの通販で購入しました。 友人との食事を楽しむために10人ほどを自宅に招き、長州どりを使った料理でパーティーを楽しみました。 長州どりを使った焼き鳥セットとお鍋のセット、あとは1キロ入った唐揚げも購入しました。 焼き鳥はねぎま串、もも串、むね串、手羽中が入ったセットを選びました。 (写真はイメージです) 他の鶏肉と比べて赤みが濃く程よい脂肪であっさりといただけました。 またしっかりとした歯ごたえがあったので、食べ応えがあり満足でした。 お鍋のセットは、もも、むね肉、手羽元、すり身にしたつみれ、お鍋の出汁が付いたセットだったので味付けが簡単でした。 すり身のつみれは特に絶品で、すごく気に入ったので定期的に購入させていただくようになりました。 鶏肉の味は濃厚でご飯がすすみます。また食べ盛りの子供達にも人気で、唐揚げはすぐになくなってしまうほどでした。 初めて注文した時はどれぐらいの量が必要になるのかわからなくて少し足りなかったのですが、それでも皆さんには大変喜んでいただく事が出来ました。 友人との食事を色々な料理で楽しむ事が出来て幸せな時間を過ごす事が出来ました。

会社の飲み会での《ふぐ》実食体験談

2/11より、別邸福の花浜松町の看板メニューである「獺祭」「瓦そば」「ふぐ」「長州どり」の「実食・実飲体験」をご紹介しています。 今回のテーマは「新年会での《瓦そば》」です。 ・・・・・ もうすぐ忘年会、新年会が続く時期だったので、会社の飲み会は遠慮したかったのですが、私の大好物であるふぐを食べに行くと言うので、迷う事なく参加しました。 さすがに、下関に来たら、ふぐを食べに行くべきだと言う意見が多かったので、決定したもようです。 私も下関と言えばふぐなのは、当然だと思いました。何度でも出張で山口県の下関に来れそうなので、今後も楽しみです。 人気のお店へ、仕事先の人とも接待を兼ねて行きました。 (写真はイメージです) 予約なしで行ったので、入れてくれるか少し心配したのですが、行ってみてお客さんがいっぱいで、これはダメだと思ったが、なんとか2階にスペースがあって助かりました。 出てきた料理は、量が多くて豪華でした。 これには、会社仲間も仕事先の人も大喜びでした。どのメニューを食べても美味しくて、山口県に住もうかなーと思ったくらいです。 個人的には、ふぐの唐揚げと、ふぐ刺しが特に美味しかったです。 みんなは、ふく焼きとフクチリからの雑炊を腹いっぱい食べている様子でした。 私もまた太ってしまうと思ったのですが、負けずにお腹いっぱい食べました。お酒も絶品で、とても良かった飲み会となりました。 値段もリーズナブルな価格で、また来ようと言う事になりました。